2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

他のアカウント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 椎根津彦って… | トップページ | 茨城国造(応神朝)天津彦根命の孫、筑紫刀祢 »

屋主忍男武雄心命と茨城国造の祖、建許呂命

茨城国造の祖「多祁許呂命」「建許呂命」ってのがいるね。
『国造本紀』にはこの「茨城国造の祖」ってのが何度も出てくる。
「茨城国造」がおかれたのは一応応神の時代になってるのに、それ以前にできたとされるクニの国造にも「茨城国造」が出てくる。
つまり、その地域全体が「茨城国造の祖」の人たちの勢力地だったと考えられるでしょ??

茨城国造(応神朝)天津彦根命の孫、筑紫刀祢

「茨城国造の祖」と「建許呂命」が出てくるのは、

師長国造(成務朝)相模国余綾郡磯長郷。現在の神奈川県大磯町
須恵国造(成務朝)現在の千葉県小糸川流域にあった須恵国(後の上総国周淮郡)
馬来田国造(成務朝)上総国の小櫃川流域を中心とする地域
道奥菊多国造(応神朝)福島県菊田郡(旧勿来市、現いわき市)辺り
道奥岐閉国造(応神朝)
石背国造(成務朝)現在の福島県中部・西部
石城国造(成務朝)現在の福島県浜通りとその延長にある宮城県南東部

周防国造(応神朝)

周防国造は「茨城国造と同祖」ということになっているけれど一応出してみた。
緑文字の部分はどこだかわからないので、ウィキにのってることをつけ足した。

なんかこう、日本武尊とかオオヒコの息子の少名日子建猪心命を思い出すよね。
つーか、建許呂命=少名日子建猪心命なんだろうけどね。
実際にそれぞれの国造さんが子孫なのかどうかってのはどうでもいいんだよ。そう言い伝えられていたってのが重要なんだよ。

で、屋主忍男武雄心命だけどね。菊多国造は「建許呂命の子で屋主乃祢」という名前なんだそうだけどね。
武雄心命と言ったら、佐賀の武雄の武雄神社ってのがあるね。祭神は武内宿禰だけどね。屋主忍男武雄心命ってのは武内宿禰のじーさんとかとーさんとか言われている人ですね。火君の祖と言われる健緒組と同一人物ともされるね。

そして、

仲国造(成務朝)

は、「伊予国造と同祖であり建借間命」だよ。佐賀にも鹿島があるでしょ??ガタリンピックの。

これが、関係ないわけないじゃない??『常陸国風土記』には

 東の大きい山を画毗礼(かびれ)の高峰といっている。ここには天つ神で名を立速日男命(たつはやひおのみこと)という神がおいでになる。またの名は速経和気命(はやふわけのみこと)である。もと天よりお降りになって、すなわち松沢〔というところ〕の松の木の八俣(枝がたくさん股になった)においでになっていた。
(『風土記』平凡社より)

ともあるし、

 古老がいうことには、「斯我高穴穂宮大八洲照臨天皇(成務天皇)のみ世に、建御狭日命(たけみさひのみこと)をもって多珂の国造に任じた。この人が初めてやって来て地形を巡歴踏査したとき、峰はけわしく山がたかいところだと思って、それで多珂の国と名づけた。」(建御狭日命はこれすなわち出雲臣と同属である。今多珂・石城といっているのがこれである。風俗(くにぶり)の説(ことば)に「薦枕(こもまくら)多珂の国」といっている。)
(引用同)

ともある。

高国造(成務朝)

は、弥佐比命で「弥都侶岐命」の孫ってことになってるね。

サヒってのは、剣のことだとも言うね。サヒと塞ノ神のサイは似てるね。

ホラ、私は以前、葛津立国の「葛津立」ってのは、「つる(葛)ぎ」という意味もあるんじゃないかと書いたね。そして何度も言うけれど、雲仙温泉神社の祭神は「速日別神」であるという伝承もあり、一般的に「立(太刀)」の方は島原だとされているじゃない??

んでまた、師長国(大磯)には「高来神社」ってのがあるんじゃなかったっけ??

この神社は渡来人系だとされてるみたいだけど。じゃあ、なんで「タカク」という音なのかしらね。「タカク」という地にあったから高来神社じゃないのかしら??
創建が神武朝なら、どうやって高句麗と通じていたのか謎だけど。
高句麗人が来たのは事実だろうけどね。でも、神武の時代ではないでしょう。

でも、『風土記』を信じて、速日別から火君と同祖の誰かしらが来たのならスジが通って来るでしょ??

「弥都侶岐命」ってのは、三つ又になってる木という意味じゃないのかなあ。
「速経和気」をはやふわけとしてあるけど、はやへわけでもいいと思う。

武富町観光協会のサイトによると武雄神社ってのは「神社が貝塚の上にあり、また、南東一帯が金下(かなげ)(神奈備(かんなび)の下の略、神の下の場所と言う意味)と呼ばれ」云々と書いてあるよ。そして、武内宿禰のとーさんの屋主忍男武雄心命の墓じゃないかという伝承もあったね。

直接関係ないけれど、長崎市内にある八剱神社も、「神南」という小字があった場所にあり、もともとは古墳だったという説もある

要するに、カンナビってのはさ、神様が宿る地ではなくて、伊豆波留なんだよ。祭祀を行う場所のこと。

武内宿禰ってのは「タケのウツのスクネ」なんだよ。タケ、タカと名乗ったか、そう称された部族の中の「ウツ」という血族のスクネだと思うけどね。

武内宿禰は、彦太忍信命の子だとか孫とかになってるけれど、母親は鬱色雄命の娘の伊香色謎命ってことになってるね。つまり、ウツノシコオがイカ系の女に生ませたのがイカガシコメなんだよ。そして、武内宿禰は「ウツ」の方を継いだというワケだよ。そして、イカ(雷)も関係あるってことだね。
ホラ、雷神が出てくるでしょ??そして、比古布都押之信命には「フツ」という音もあるじゃない??島原には布津があるし、佐賀には鹿島があるじゃない??
全て繋がってくるんだよ。タカ、タケ、タクという地名が集中してるのも葛津立国だと思うけどね。

んでまた、周防灘と角力灘ってのも同じだね。さらに言えば、諏訪も同じだよ。タケミナカタ様のね。そして、私が宗像と関わりが必ずあるとしている志志伎(平戸島)が面しているのが角力灘なんだよ。

火国とされている八代も本来のヨミは「ヤシロ」だよ。

つまり、八代あたりから武雄あたりまでは少なくとも同じ勢力がいたってことになる。まあ、時期にもよるだろうけどね。つまりそれが肥国の元だよ。土地が離れているのに同じ肥国である理由だね。

« 椎根津彦って… | トップページ | 茨城国造(応神朝)天津彦根命の孫、筑紫刀祢 »

コメント

いずれにせよ大きくみると素戔嗚尊がクローズアップされてくるような気がします。高天原を追い出された素戔嗚尊(本人がいようといまいと)の一派一族なり部族なりが、朝廷(語弊がありますが当時の最高権力勢力という意味で)側に従いながらも自分たちの土地を求めた、みたいなイメージがわいてきます。
昌幸様のサイトにおじゃましました。じっくり読ませていただこうと思います。ヨソの土地の神社とかはわからないので。

ぎんくじらさま

私もこの記事と同じことを考えていました。

諏訪大社側では建大臣命が諏訪国造になったとしていますが、古事記では
大彦命-建沼河別-大臣命の大臣命が諏訪国造になったと書かれています。
諏訪の人々が東国に移住して国造になったようです。
諏訪の人々は、出雲、周防、阿波、伊勢を経由して諏訪に辿り着いたようです。
恐らく両者は、同一で違う伝承に派生したか、消されたのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110985/43157514

この記事へのトラックバック一覧です: 屋主忍男武雄心命と茨城国造の祖、建許呂命:

« 椎根津彦って… | トップページ | 茨城国造(応神朝)天津彦根命の孫、筑紫刀祢 »